読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイン業界の歩き方

若手デザイナーの為のライフハックメディア!デザイン業界で楽しく働くヒントをお届けします^^

イラストレーター志望の方、就職先の可能性を考えてみませんか?

 

f:id:CARBON-design:20160403184353j:plain

 イラストレーター志望。就職先の可能性

最近イラストレーターの数、質とも上がりすぎていると感じませんか?

正直飽和状態ですよね。。。画がうまい人多すぎです^^;

 

外から見てるだけなので実情は詳しく分かりませんが、お金を稼ぐの大変だろうな~~、と本当に心配してます。。。もの凄い才能の持ち主の集まりだからこそ「もっと就職先に可能性があるのでは?」と感じてしまいます。(もちろんイラストレーターになりたい!という気持ちは分かります。ほんと憧れますよね^^)

 

今日は少し視野を広げてみてみましょう。

いま一度、就職についてゆっくり考えてみませんか?

f:id:CARBON-design:20150715001200j:plain

photo credit: Street Artist coloured canvas via photopin (license)

 ご提案:デザイナー職に興味はありませんか?

pixivなどのイラスト系SNSにアクセスすると「ウマッ!!!どうやって描いてんだ!?」「天才かっ!!!」と思えるイラストレーターさんがゴロゴロいますよね?

みなさん本当に努力されていて尊敬しています。

 

ですが中にはその努力がうまく収入に繋がっていない人、今後安定して収入を得られるか不安に感じている人も少なからずいるのではないでしょうか?(すみません余計なお世話かもしれませんね^^;)

 

そこで僕から一つ提案があります!

 

イラストレーター志望の方、プロダクトデザイナーへの就職も視野に入れてみませんか?

 

現役プロダクトデザイナーである僕がデザイナー職を進める理由は4つあります。

(プロダクトデザイン以外にもグラフィックやファッションデザインでも良いと思います。)

 

①.得意のイラストを武器にできる職業!

プロダクトデザイナーは家具、家電、雑貨、車、医療機器、玩具、趣味系製品など様々な分野がありますが、そのどの分野でも必ずイラストを描くというプロセスが重要です。そこで得意のイラストを自分の武器にすることができます。

 

イラストレーター志望の人の画力は下手なデザイナーの画力を上回っているので企業で重宝される可能性も高いですね。実はイラストレーターの画力に憧れているデザイナーは数多くいます。(ぼくもそのうちの一人です^^;マジリスペクトです) 

 

②.マインドセットが似ている!

f:id:CARBON-design:20160403190425j:plain

プロダクトデザイナーもイラストレーターもヲタク気質が強みになります。

コツコツ自分のスキルを向上させアウトプットのレベルを上げる事に喜びを感じられる職業です。 また、もしイラスト以外にも好きなものがあるのなら、それに関連したプロダクトデザイナーになれれば「自分の好き」を追求できる職業ですね^^

 

③.収入が安定している!

何よりも収入面において恵まれている職業です。一発当ててお金持ちになるのは正直

難しい職業ですがその代り、平均したら他の業種(グラフィックやファッション系)のデザイナーと比べても高い年収である企業が多いと思います。

 

あまり具体的な数字を出すのも気が引けますが、ぼくと同級生のプロダクトデザイナーをやっている人の年収は30歳位で約600万~750万付近ですね。(割と大手勤務の人が多いです。これはあくまで参考例として捉えて下さい^^;)

【関連記事】


④.時間的余裕がある!

f:id:CARBON-design:20160604214850j:plain

プロダクトデザイン部署がある企業にはきちんとした労働組合があるところが多いです。なので残業管理を比較的しっかりできている職種でもあります。

 

平日の業務後、まとまった時間を取れますし、有給取得もしやすいので趣味の時間を確保できます。その時間をつかって好きなイラストレーションに励みスキルを向上させ、後に自分らしい働き方を目指す!という方法もありますよ^^

 

どうでしょう???

少しは興味を持って頂けましたでしょうか^^;?

 

もし少しでも興味を持ってくれた人がいたら嬉しいです。イラストレーターを目指している人は美大や専門学校に通っている人が多いと思うので、自分の学校にあるデザイン科などに問い合わせると情報がいろいろ手に入るはずです。

 

いざ就職を目指すとするとそれなりに努力が必要ですが、一つの選択肢として悪くないものだと自信を持って言えます。このブログでも「プロダクトデザイナー(インダストリアルデザイナー)になる方法」を書いているので参考にしていただけると嬉しいです。【関連記事↓】

 

就職用のポートフォリオ作成について 

f:id:CARBON-design:20160403190247j:plain

また、就職活動中で悩むのが「ポートフォリオ作成」についてですよね?

デザイナー志望もイラストレーター志望も同じでしょう^^;

 

あくまでデザイナー視点ですが、こちらの記事もあなたの就職活動の参考になれるかもしれません。お時間に余裕があれば是非ご覧になって下さい↓

 プロダクトデザイン業界のインタビュー記事

f:id:CARBON-design:20160420015031j:plain

IMAGICA DIGITALSCAPE

 

最後にプロダクトデザイン業界を覗けるサイトをご紹介しますね^^ 

コチラはデザイナーやイラストレーター専用の求人サイトです。クリエイター職に特化したもので日最大規模のサービスです。なので、すでにご存知の方多いかもしれませんね?

 

『デザインのチカラ』という特集でプロダクトデザイナーを募集している企業の活動を、実際にその企業のデザイナーさんがインタビューに答えています。現在、特集記事で確認できた企業はコチラ↓かなり揃っていますね。

日産自動車株式会社

ブリヂストンサイクル株式会社

LG Electronics Japan Lab.

株式会社 シャープ株式会社

株式会社キングジム

セイコーウオッチ株式会社

株式会社リコー レノボ・ジャパン

株式会社 KEN OKUYAMA DESIGN

ヤマハ発動機株式会社

ソニー株式会社

富士ゼロックス株式会社

スズキ株式会社

パナソニック株式会社

株式会社良品計画

本田技術研究所

ハイアールアジア

 

「プロダクトデザイン業界はどんな雰囲気なのだろう・・・^^;」少しでも興味を持って頂けたら、この特集を是非一度読んでみてみて下さいね。

f:id:CARBON-design:20160506112330j:plain

IMAGICA DIGITALSCAPE

 

また、このサイトでは上記業界のイラストレーターの求人情報も揃っているので、就職活動を円滑に進める上できっとあなたの力になってくれるはずです。無料でサービスを利用できるので登録しておくと本当に便利ですよ(^ー^* )

(ちなみに僕もキャリアアップする為の転職活動で利用させて頂いてます)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!^^

でわでわ、ご武運を祈っています◎

 

【イラストレーターさんには、こちらの記事もおススメです。↓】