読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイン業界の歩き方

若手デザイナーの為のライフハックメディア!デザイン業界で楽しく働くヒントをお届けします^^

【デザイン系求人サイトまとめ!】デザイナーの募集を探している方へ

デザイナーの転職 働き方

f:id:CARBON-design:20160528140514j:plain『デザイン業界の歩き方』の運営を始めて早くも2年。

この間、色々なデザイナーさんと会ったりしながら情報を集めてきました。また、ぼく自身ももうすぐ35歳。なので同級生は既に4割〜5割くらい転職経験者です。

 

冗談抜きに、30歳辺りでみんな一斉に転職しだしましたね...σ(^_^;)

そして、実はぼく自身も去年から会社が変わりました。今は新しい環境の中で慌ただしくも楽しく働いています。やっぱり環境が変わると、新しい価値観、新しい発見があり自身の成長を実感できますね♪

 

今日はその経験から、デザイナーの転職活動・就職活動をサポートしてくれるサイトをご紹介します。

 

主に現役デザイナーで中途採用を考えている方。またはデザイン系の学校から新卒採用で苦戦している方。既卒や第二新卒でクリエイティブ系の就職を考えている方向けです。

 

ぼくが実際体験してみた感想や、周りのデザイナーがよく転職の際に使っていたサイト情報が中心です。デザイナーとして次のステップを考えている、あなたの参考になれば嬉しいです^^

 

デザイン業界の求人情報

デザイン系の転職サイトは色々ありますが、それぞれ特色が異なります。

手広い求人を揃えた大手から、狭く深くの業界特化型まで様々です。

 

当然、求人情報をカバーしている範囲も違うので、本気でデザイナーとして転職・就職を考えている方は1つのサイトだけでなく複数のサービスを利用する事をおススメします。

 

「大手求人サイト」と「特化型求人サイト」両方利用するのが通常パターンと考えておいて良いでしょう。上手に使い分ける事によって、より自分に合った会社に就職できる可能性が高まりますね^^

 

◾︎インハウスデザイナー

◾︎第二新卒の場合

◾︎プロダクトデザイナー

◾︎Webデザイナー

◾︎UIデザイナー

◾︎ゲームデザイナー

◾︎広告、マスコミ関係

◾︎グラフィック、パッケージデザイナー

◾︎派遣デザイナー

◾︎自分の『適正年収』を測れるサイト

これら全ての業種でオススメサイトをピックアップして有ります。

(結構長い記事になってしまったので、関係ないと思われるところは飛ばして下さい)

 

それではケース別にみていきましょう↓

インハウスデザイナーを目指す場合

f:id:CARBON-design:20160530152350j:plain

ぼく自身、インハウスで仕事をしていた経験があるので、同じく周りのインハウスデザイナーさんの転職活動の情報を良く耳にします。

 

デザイン部署を持っているのは大手メーカーや比較的規模の大きな会社が多いですね。

 

なので、インハウスデザイナーを目指す場合。多くのデザイナーさんは大手の求人情報サイトを利用するケースが多いようです。(メーカーは大手求人サイトとほぼ100%提携している為)

 

デザイン業界全体でみれば、インハウスデザイナーはそれほど多くはないと思いますが、収入面・福利厚生などメリットが大きい部分もあるので、転職してメーカー勤務を考えている方は大手求人サイトを利用すると良いでしょう。

 

下に紹介するリクナビNEXTさんは既に登録している人も多いと思います。求人サイトの大手中の大手!とりあえず、転職を考えているデザイナーさんはチェックしておくべき求人サイトでしょう。

 

【有名ドロコ。リクナビNEXT】 

f:id:CARBON-design:20160528125747j:plain

リクナビNEXT

 

デザイン事務所やBtoBのデザイン会社で求められる人材と、メーカーや自社サービス開発をするデザイナーに求められる知識やモノの考え方は多少異なります。

 

デザイン事務所など下請けの会社では、幅広いデザインテイストを使い分けられる事が必須ですが、インハウスの場合はその会社のデザインテイストと自分のテイストの相性がより重要になりますね。

 

また、インハウスとして自社メーカーのデザインをする為には『ブランド戦略』が必須!ポートフォリオや自分の経歴をアピールする事も大切ですが、希望メーカーの歴史や今後のビジョンなどを一度、自分なりにまとめておくと面接などスムーズに進むと思いますよ^^

 

自己アピールをするよりも『自分とメーカーの相性の良さ』をアピールする意識で、就活・転職活動に臨むのが、インハウスデザイナーへの近道でしょう。

 

【関連記事】

 

新卒・既卒・第二新卒の場合

f:id:CARBON-design:20160530152536j:plain

デザイナーになる為には専門スキルや知識が必要なので、就職するのは『狭き門』でもあります。美大やデザイン系の学校に通ってもデザイナーとして就職が上手くいかないケースも本当に多いですよね・・・σ(^_^;)

卒業後ストレートでデザイナーとして採用される人は4~5割ほどではないでしょうか?

 

「新卒で就職活動中が辛い・・・苦戦している・・・」「就活したけど、上手くいかないで卒業してしまった・・・」「デザイナー職ではない仕事に就いたけど、やっぱりデザインがしたい!」という方もいるでしょう。そういう方には下記サイト・いい就職.comをお勧めします。

 

『若者と企業のミスマッチをなくせば、もっと日本が元気になる!』

 というスローガンには心から共感します^^

就職で苦戦するのは「実力・スキル不足」よりも「企業と自分のマッチングミス」が大きな原因です。不採用になっても劣等感を感じて凹む必要はないですよ。コレ本当!運の要素ももの凄く大きいです^^;

 

また、実際海外のデザイナーには「新卒」という概念すらないですからね。。。

もっと日本も流動的に人材が動ける環境になって欲しいと思います。この点は日本って本当に遅れていると感じてしまうんですよねぇ。。。σ(^_^;) まぁ、今後少しずつ日本の就職システムも変わっていくでしょう。

 

勿論、こちらにはデザイナー・クリエイターの求人情報も多く揃っていますよ^^

【既卒・第二新卒でデザイナーを目指す方はこちら↓】 

f:id:CARBON-design:20160528133001j:plain

 新卒・既卒・第二新卒の就職をサポートする“いい就職.com”

 

こちらのサイトは大体27歳以下デザイナー向けのサイトとなっていますね。

若手デザイナーは是非是非^^僕もこのブログで悩んでいる就職活動中の学生さんに向けた記事も書いています。デザイナーとして職に就くのは中々大変だと思いますが、楽しい職業なので一人でも多くの方がプロになれると嬉しいです。応援しています!

【関連記事:新卒で就職に失敗してしまった方へ↓】


 

プロダクトデザイナーの場合

f:id:CARBON-design:20160528140806j:plain

プロダクトはデザイン系の職業の中でも特殊な業界でしょう。他業種と比べて、人数も少ないですね。雑貨・家電・車・医療器具・玩具などをデザインする仕事です。

 

現在プロダクトデザイナーは全国におよそ2万人ほどいると言われています。そのうちの6割程がメーカーのインハウスデザイナー。

 

なので、先ほど紹介したリクナビNEXT など大手転職サイトを利用している方が多いですね。

 

しかし、デザインに特化したサイトではないので「情報は十分か?」と言われたら決してそうではないですσ(^_^;)

 

デザイン事務所や中小企業の求人情報。または会社の雰囲気など踏み込んだ情報が欲しい方にはIMAGICA DIGITAL SCAPEというサイトをお勧めします。

 

『デザインのチカラ』というメーカー勤務のプロダクトデザイナー特集記事も大変興味深い内容となっています。是非一度ご覧になってみて下さい^^

【関連記事:こちらに詳しく書いてます↓】


【プロダクトデザイナーにお勧めの求人サイト】

f:id:CARBON-design:20160528133841j:plain

IMAGICA DIGITAL SCAPE

 

コチラのサイトはスマホから観るとちょっと見ずらいかな^^;?

できれば家のPCからご覧下さい。プロダクト系のメーカーへの転職の場合、リクナビNEXT さんを本命として利用しつつ、多角的に情報収集する為に合わせて使うとGoodだと思います^^

 

 

Web・IT関係デザイナーの場合

f:id:CARBON-design:20160528142414j:plain

皆さんもご存知の通り、実はここに関する転職専門サイトはかなりの数が存在します。

 

特にアプリやソーシャルゲームの普及でIT系デザイナーの需要は急激に高まっているのはご存知ですよね?専門学校も増えていますし、男女関係なく沢山の方が活躍されている分野です。

 

web、イラスト、ユーザーインターフェース、ゲーム関連の3DCGなどなど。

様々なデザイナーの求人が混在しています。webとゲーム関係はデザイナーにとって大きな市場となりましたね。

 

【Web・IT系転職といえばココ!】

f:id:CARBON-design:20170215043743j:plain

Find Job!

 

ご存知の通り超有名なWeb・IT系転職サイトのFind Job!さん。

ウェブ系のデザインは比較的新しい職業ですが、こちらは創業20年の老舗転職サイトですね。求人数、更新頻度ともに業界トップクラスなのは間違いなし!

 

『大手であり、かつ、専門特化型』なので鉄板求人サイトですね。

 

かなり多くのデザイナーさんが知っているはず。

こちらはもはや説明不要でしょう^^;

ウェブデザイナー、UI、IT系のグラフィックデザイナーなどで、転職を考えているならとりあえずココを利用してみる事をお勧めします。

 

【第2候補の大手専門転職サイト】  

f:id:CARBON-design:20160528142225j:plain

マイナビクリエイター

 

こちらは転職サイト大手のマイナビさんが運営している、ウェブデザイナー特化型転職サービス。

 

大手求人サイトなので安心できるのは勿論、転職活動で気になる『ポートフォリオ作成』のノウハウなども蓄積されています^^

 

これは若いデザイナーさんにとってかなり参考になるのではないでしょうか?

20代でまだデザイナーとしての経験が少ない方はこちらでエージェントの方からじっくりアドバイスを受けながら転職活動をする事をお勧めします。

 

大手の強みと専門特化したサービスの良いとこどりができる求人サイトでしょう。

ゲーム関係の案件が充実しているのも特徴です。

 

ポートフォリオはデザイナーにとって必須アイテム!

『デザイン業界の歩き方』でもポートフォリオ作成について記事を書いています。

 

下の記事では、『webと製本』2つのポートフォリオの違いについて紹介しています。勿論、転職活動にも役立つのでお時間ある方は是非^^

 【関連記事】


広告やメディア関係のデザイナー職

f:id:CARBON-design:20160616224033j:plain

広告やメディア関係のお仕事をされている デザイナーさんも多いですよね?

ここはまさにそのメディア系に特化した求人サイトです。(グラフィックデザイナー、パッケージデザイナーの求人案件も多いです)

 

ここはデザイナーは勿論。アートディレクターやクリエイティブディレクターの求人情報が豊富に揃っていますね^^

 

30歳前後でデザイナーからディレクションする立場へと、キャリアアップしたい際にはコチラを利用してさらなる跳躍を考えてみては如何でしょうか^^?

 

あなたも既にご存知だと思いますが、デザイナーの1プレイヤーとして働くよりも、ディレクターとしてまとめ役になるとお給料が高くなるだけでなく、今後のキャリアアップの可能性も飛躍的に高まります。「有名になりたい!」「大きな仕事がしたい!」「自分の好きにデザインしたい!」など、野心がある方はなるべく早くディレクター職に就けるよう戦略を立てるべきだと思います。

 

本気でキャリアアップを考えている方は、一度キャリアコンサルタントと面談をすると良いでしょう。業界の現状を広く知っているのでかなり参考になりますよ^^

 

【マスメディアン】 さんはデザイナーの激戦区。広告・メディア関係を専門として扱っているのでキャリアコンサルタントの方々もバリバリの人が多いそうです。(利用した友人談)攻めキャリア形成の時に利用したいサービスですね^^

 

【広告やメディア専門サイト】

f:id:CARBON-design:20160616223810j:plain

【マスメディアン】

 

 

SOHOや小さなデザイン事務所

f:id:CARBON-design:20160707004159j:plain

デザイナーさんの中にはアットホームな小さい職場を希望する方も少なくないと思います。人それぞれ好きな職場の規模って違いますよね?

 

しかし、小規模な会社は求人広告にお金を掛けられない悩みを抱えています。なので、「どこかに良いSOHOないかな?」と思っても中々探せないのが現状です^^;少し特殊なケースなので、僕が知っている範囲の事を下記記事にまとめておきます。一般的には『紹介予定派遣』を利用するケースが多いですね。興味ある方は是非こちらも読んでみて下さい^^

【SOHO:個人デザイン事務所の求人情報】

carbon-design.hatenablog.com

 

自分の『市場価値(推定年収)』が一瞬で分かるサイト 

f:id:CARBON-design:20160530152723j:plain

最後に面白くて便利なサイトをご紹介します(*^^*) 

MIIDAS(ミーダス)というサイトはご存知ですか?

多くの企業の求人情報や先輩方の経験データベースから統計的に推定年収を測ってくれるサービスです。結構細かい質問に答える事によってあなたの市場価値が短時間で分かってしまいますσ(^_^;)

ズバッと数字が出るので、ちょっと怖いかもしれませんがとても面白いですよ♪転職活動を始める際の企業選びの目安にもなるはずです。

 

MIIDASで自分のデザイナーとしての価値を試す 

f:id:CARBON-design:20160530155356j:plain

 MIIDAS(ミーダス)

 

実際にはこんな感じの質問を答えていきます↓

(所要時間は3分~5分くらい)

 

プロフィールでは男性・女性の性別やデザインを勉強した学校名を質問されました。学部や専攻も細かく聞かれます。 (学校別、先輩方の年収データベースがあるのかな?)

f:id:CARBON-design:20160530155551j:plain

 

実戦経験ではデザイナーに必要なツールソフトのスキルを聞かれます。

InDesignやイラレ・フォトショという業種関係なく必須なモノから、web関係や3DCG関係ソフトなどマニアックなモノもあります(ぼくが知らないツールソフトが沢山あって少しビビりました^^;) 

f:id:CARBON-design:20160530155610j:plain

 

また、「何年デザインをしているか?」「チームリーダーをした事があるか?」なども聞かれます。英語のレベルや車の免許を持っているかなども聞かれました。

「結構細かい所まで回答させられるなぁ・・・σ(^_^;)」という実感。

まぁ、精度高く計測しようと思ったら必要なのでしょう。

f:id:CARBON-design:20160530155640j:plain

 

最後に結果発表(*´∇`*)

バシッ!と数字が出ます。

(ぼくの場合。面白くて質問の答えを変えたりしながら色々なケース(知人を想定したりして)を試してみました。その都度、質問の内容が変わります。目指す業種やメーカーによって求められているから当然といえば当然。「このシステム良くできてるなぁ~(* ̄∇ ̄*)」と感心してしまいました(笑

f:id:CARBON-design:20160530155717j:plain

 

「ヤバッ!俺って転職したほうが稼げるんじゃない(=゚ω゚=;)!?」

という人もいれば、

「あっ、今の会社の方が年収高い・・・自分恵まれているんだ。会社の愚痴を言っている場合と違うな・・・(; ̄Д ̄)」

という人もいるはずです^^;

 

どうでしょう?あなたも一度MIIDAS(ミーダス)で自分の市場価値を計測してみては如何ですか^^?特に転職活動では「年収交渉」がある場合も多いので参考になるはずです。少し強気で攻めましょう(笑

(ちなみに新卒の方利用できます。将来のお給料をシュミレーションしてみるのも面白いかもしれませんね♪) 

 

まとめ

f:id:CARBON-design:20160601232256j:plain

以上【デザイン系の求人サイトまとめ】でした^^

最後にもう一度リンクを貼っておきます。

自分に合った求人サービスを選んでみて下さいね◎

自身のキャリアをジャンプアップしていきましょう!

でわでわ、良いデザイナーライフを~~~(=^▽^=)ノ

 

デザイナーの力になる転職おすすめサイトリンク集 

■インハウスデザイナー志望

リクナビNEXT

 

■新卒・既卒・第二新卒でデザイナーを目指す

日本の若者の就職応援サイト「いい就職.com」

 

■プロダクトデザイナー志望

IMAGICA DIGITALSCAPE

 

■Webデザイナー(IT、ゲーム関係)

マイナビクリエイター

Find Job!

 

■広告やメディア関係

【マスメディアン】

 

■自分の推定年収を知る

MIIDAS(ミーダス)

 

 

【関連記事:転職するなら全力で年収アップを目指しましょう^^!】