デザイン業界の歩き方

若手デザイナーの為のライフハックメディア!デザイン業界で楽しく働くヒントをお届けします^^

『デザイナー辞めたい。。。あぁ。。。辛すぎる。。。』

f:id:CARBON-design:20160630222834j:plain

デザイナーって本当は楽しい仕事だよね?

と、自戒の念も込めて。。。

長いデザイナー人生の中には「あぁ、辛い。。。デザイナーなんて辞めてしまいたい。。。」と思ってしまう時もあるでしょう。ぼくもデザイナーとして10年働いてきて、常に「デザイナーって最高♪」という気持ちではありませんでした。。。σ(^_^;)
 
下積み時代の体力勝負で夜遅くまで連日仕事をしている時。
それなのに給料はどうしようもなく低い時。
一通り仕事を覚えてマンネリ化している時。
周りの人の自分のデザインに対する評価に絶望している時。
中間管理職になって色々な仕事の火消し役に徹しなければいけない時。
 
「デザイナー辞めたい。。。あぁ。。。辛すぎる。。。」
気分が凹んでしまうのも当然です。
 
ネガティブな気持ちになってしまう原因は、年齢やキャリアによって理由は様々だと思います。そんなネガティブな時はやりたくないことばかりに目が行きがちです。本当はそういう時こそ、自分のやりたい事に真剣に向き合うべきなのに。。。これは本当に難しい問題ですよね?
 
今日はデザイナーのモチベーションやマインドの在り方・働き方についてのお話し。
『デザイナー辞めたい』と言っている人はデザイナーではなくなってしまっている説を提唱しようと思います。
 
ブラックなデザイン会社や不遇な環境にいる際に、下記のような思考パターンにハマってしまいがち。。。それって自分にとって非常にリスキーな状態です。
 

モチベーションが下がっている時の思考パターン

f:id:CARBON-design:20160630223558j:plain

疲労していて、目の前にあるものがあまりに嫌な場合。多くの人は「イヤだ!イヤだ!もう辞めてしまいたい!逃げたい!逃げたい!」という気持ちで頭が溢れかえってしまい、思考停止に陥ってしまいます。「辛いなぁ、、、でもそもそも自分は何がやりたいんだっけ?」と客観的に自分を見つめ直す心の余裕すらなくなってしまうのでしょう。
 
「デザイナーとしてこんな暮らしがしたい。こんな仕事がしたい」と目標が明確に出来れば、次のステップで「どうすればそれを手に入れらるのか?」と具体的な思考に進むはず。でも目の前に嫌なものや大量の処理すべき事柄があると、思考が全く進まなくなってしまうんですよね。。。σ(^_^;)
 
こうなってしまったら、もうデザイナーでは無くなってしまっています
形や色をなんとなく整えるオペレーター。
兎に角、仕事を終わらせる為に社畜に徹するサラリーマン。
自分の人生を奪われた奴隷。
 
クリエイティブなんてそこには全く存在しません。
まぁ、案外ありがちな状態だと思います。。。
 

自分を楽しませる想像力

 「やりたい事が見つからない」「楽しいことが見つからない」と嘆いている人もいるでしょう。でもやりたい事なんて誰しも早々には見つかりません^^;
 
『やりたい事を探す旅』に出るよりも、『やりたい事だと思い込める方法』を探した方がよほど生産的なはずなのです。
 
『自分の仕事を楽しむ為の工夫』
これこそが、きっとデザイナーに求められている創造力。
目標を明確にして、思考し、前に進んでいく力。
そして、楽しい、嬉しい、心地好いと人々に思い込ませる方法を誰よりも深く深く探究する姿勢。それこそがデザイナーをデザイナー足らしめる大切な素養なのでしょう。それが無ければ良いものなんてデザイン出来ないですよね?
 
だから、何度も繰り返しますが「デザイナー辞めたい」と思っている人はもう既にデザイナーでは無くなってしまっているのです。。。(´Д`)
 
デザイナーより楽しい仕事なんてありません。
しかし、デザイナーであり続けるのは凄く難しいのもこれまた事実。。。どこかで今の働き方をリセットする必要がありますね。
 
人それぞれ、自信でモチベーションを保つ工夫をしなければいけないのでしょう。デザイナーでいたいなら尚更です。
 

健康的な生活なくしてデザインは続かない!

f:id:CARBON-design:20160630224523j:plain

デザイナーの生活リズムは乱れがち。
夜遅くまで作業をしたり不摂生や運動不足。
不健康な暮らしをしつつ、長い間デザイナーでいるなんて限られた超人にしか不可能です。(まぁ、結構いるかもしれませんが決して多くは無いです)
 
不健康な生活では、いくら工夫をしても『楽しく』できるはずもありません^^;
仕事のマンネリからくるモチベーションの低下が原因で「デザイナー辞めたい・・・」となっているのなら気持ちや生活習慣を入れ替えるべきでしょう。
 
長時間勤務を強制されたり、休日出勤が続く様な場合は緊急です!
確実に貴重な人生を搾取されています。デザイナーさんの中には残念ながら、ブラック労働に近い環境でお仕事をされている人もいますよね。。。
 
この場合、デザイナーを続けるのは無理ゲーです。。。><
クリエイティブなマインドも保てるはずがありません。
 
デザイナーを長く続けるには『どんなデザインをするか?』の前に、自分に合った環境や働き方をきっちりデザインしましょう。
 
これには『今の会社を辞めてリセットする』『一時的に休職する』『転職する』など大きな勇気が必要です。不遇な状況に陥っていても、人間は意外と『現状維持』を選んでしまうんものです。なんとしても、この鎖を打ち切る覚悟を持ちましょう。
 
そして、良く寝て、良く食べて、良く遊び、色々な事に挑戦して、精いっぱいデザイナーライフを楽しみましょう。そのライフスタイルを選ぶと、一時的にお給料なども下がってしまうかもしれませんが、その方が長い目でみたら、確実に生産性も創造性もデザイナーとしての価値も高まるはずです。
 
 
☆☆☆☆☆
『デザイナー辞めたい・・・』と思ってしまった時は、早急に対処しましょう。長い事、何もせずに放置しておくともうデザイナーには戻れなくなってしまうかもしれませんよ。。。σ(^_^;)
 
『仕事を楽しむ工夫』と『自分の働き方をデザインする事』は常に意識したいですね。
 
 

【関連記事:デザイナーの働き方に関するお話し↓】