読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイン業界の歩き方

若手デザイナーの為のライフハックメディア!デザイン業界で楽しく働くヒントをお届けします^^

【海外在住で在宅ワーク】経験談と『準備するモノ3つ!』

 今日はデザイナーに限らず、『海外からの在宅ワーク』についてのお話です。

f:id:CARBON-design:20161112015346j:plain

◾︎「海外で働きたい!」でも現地の仕事だけだと収入がちょっと足りない・・・

◾︎夫の海外赴任について来たけど、時間を持て余してる。現地で就職はハードルが高いし・・・

◾︎海外にいてもネットを使って日本語で仕事ができないかな?

 

人によって様々な理由があると思いますが、『海外から在宅ワーク』を始めようか考える人は少なくありません。海外にいながら日本語で仕事ができるんだからとっても便利です^^

 

あなたもきっと『海外から在宅ワーク』に興味をお持ちですよね?

あくまで個人の経験談ですが、海外在住という同じ境遇の者としてこの記事があなたの参考になれれば嬉しいです^^

 

【体験談】フランス移住で在宅ワーク! 

f:id:CARBON-design:20161115093239j:plain

筆者のケースでは、日本からパリに夫婦で移住^^♪

 

もちろん現地での仕事もありますが、パリ市内は家賃、物価が非常に高いんです・・・><

 

治安を気にしなければ地域によって安い物件もあるのですが、テロの問題もあるので流石に治安が良くないという地域は避けました。そしたら東京と同じ位の高い家賃になってしまいました。。。

 

日本食も高くて、『納豆300円』『うどん3玉600円』『醤油小瓶700円』などなど。。。レストランも2人で行くとすぐに7000〜8000円はかかるし。。。でも折角移住したから旅行も楽しみたいし。。。。。そんな具合で、ドンドン生活費がかさんでおります。う〜ん、貯金がヤバイな。。。σ(^_^;)まぁ、憧れの街に来れただけで幸せです◎

 

☆☆☆☆☆

一方、フランスは超個人主義の国。

プライベートの時間を非常に大切にする国です。

日本だと残業が多く、『仕事>私生活』というバランスになりますが、こちらは『朝8時出勤の夕方5時退社』という生活リズムです。しかも日本のテレビが観られない事もあって、「夜は案外暇」だったりします(汗

 

そこで、どうせ暇しているなら『クラウドソーシング』で軽く働いて、生活費の足しにしようかな?と妻の助けも少し借りながら、月3〜4万円ほどの収入を得ています。

「やった!うどん200玉買える〜(@^▽^@)ノ 」(笑

 

あっ、ちなみに我が家が利用しているのは「クラウドワークス」というサービスです。下記サイトですね^^

 

海外在住でも利用可能な【Crowd Works】

f:id:CARBON-design:20161121024013j:plain

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

 

この他にも、「ランサーズ」や「ザグーワークス」「シフティー」など様々なサービスがありますが「日本最大級」で利用者も多いことから正直「クラウドワークス」だけで十分だと思っています。(ちなみにランサーズも登録だけはしてある^^:)

 

どんな仕事があるのか???

f:id:CARBON-design:20161121043443j:plain

 

「ライティング」「翻訳」「写真」「デザイン」「会計」「ナレーション」などなど。クラウドワークスでは様々な種類の在宅ワークが揃っています。

 

専門スキルを活用した案件から、特別な専門スキルを必要としない案件まであるので、誰でも自分に合った仕事が見つけられると思います^^一度、どんな仕事があるのか確認してみましょう。

 

ぼくら夫婦はデザイナーなので、クラウドソーシングで受注する仕事は主にデザインの案件です。お菓子のパッケージとかですね^^

 

後は、簡単な「ライティング」の仕事もたまにします。「海外在住」というメリットを活かして観光地の紹介や口コミなどの都合が良い案件があれば、空いた時間にサクッとノートPCで作業をする感じですね。

 

準備するモノは3つだけ!

f:id:CARBON-design:20161121044858j:plain

①パソコン(もちろんインターネット接続は必須)

②日本の銀行口座(日本の実家で登録すると便利)

③クレジットカード(必須じゃないけど、買い物する時便利)

 

『海外で在宅ワーク』をする上で揃えておきたいのは上記の3つ。

きっと既にお持ちのはずですが。。。^^;

 

簡単に説明すると、①パソコンは当然必要になりますね。

受注する案件によって必要になるPCのスペックやソフトは異なりますが、基本的にノートPC一台あれば、仕事が出来てしまいます。(我が家はデザイン作業をするために少し性能の良いデスクトップPC一台と、MacBook Proで対応しています)

 

②銀行口座も報酬を受け取るのに必要です。「ネットバンキング」にも対応させておきましょう。当たり前ですが、海外では記帳などできません^^;

 

③報酬は日本円で払われるので、海外でその報酬から生活費に充てようとするなら、②の銀行口座と繋がったクレジットカードを用意する必要があります。

 

まとめ:海外で在宅ワークをするメリット!

f:id:CARBON-design:20161121050629j:plain

◾︎現地稼ぎの足しに出来る

(日本より物価が安い国だったら、生活できてしまうのでは!?)

◾︎日本語で仕事できるので、海外に居ながら言葉の壁も無し!

◾︎海外在住の経験を活かせる案件もあるかも?

◾︎隙間時間を有効活用

◾︎日本に帰った後もスムーズに仕事が出来る

◾︎用意する準備も簡単な♪

などなど。

 

『海外在住在宅ワーク』にはメリットが沢山あります。

仕事を始める最初の一歩も凄く簡単なので、一度公式サイトを覗いて観てください^^♪

 公式サイトリンク:

日本最大級のクラウドソーシング【クラウドワークス】

 

【関連記事:こちらはデザイナー案件の詳しい説明です↓】 

carbon-design.hatenablog.com