読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイン業界の歩き方

若手デザイナーの為のライフハックメディア!デザイン業界で楽しく働くヒントをお届けします^^

【これからの仕事】将来が不安な人が取るべき生存戦略!

働き方 サービス残業多い・・・

f:id:CARBON-design:20161215053116j:plain

ご存知のとおり、今、様々な業界で『長時間労働』や『労働力搾取』が問題視されています。しかし、改善されるまでには相当な時間が掛かりそうですね。。。

 

特にデザイナーを含め『クリエイティブ』な職業で『長時間労働』や『労働力搾取』の問題が多く聞かれるのは非常に残念としか言えません。。。何故こうなってしまったんだ。。。

 

また、最近では「近い将来AIに仕事を奪われる」などSF的な煽りも多いです(汗

「翻訳は翻訳ソフト」「単純作業はロボット」「モノ作り職人は3Dプリンター」みたいなテクノロジーに仕事を奪われるお話は誰しも聞いたことありますよね?

 

さらに大企業に勤めることも「安定している」とは言えない状況。。。

 

世の中の変化が激しいこんな時代なので、きっと将来に不安を感じ、「これからの仕事をどうしようか?」と真剣に考えている人も多いでしょう。

 

個々人が『リスク管理』をきっちりやらなければいけないのかもしれません^^;

野生動物並みに生存競争が厳しい時代になってしまいました。。。

 

今日は、これからの仕事、働き方についてのお話。

 

キーワードは『労働時間の分散投資』です。

 

これからの働き方への危機感

◾︎同じ会社でずっと働くのはリスクが大きい

◾︎1つの仕事(専門)では高収入は望めなくなってきた

◾︎会社(事業)の寿命が短くなっており、変化が激しい

◾︎日本は年金問題を抱えているので定年は高齢化していく

◾︎既得権益がどんどん無くなっている、実力重視社会

◾︎知識社会へ突入。作業系の仕事は貧困に近づく

◾︎資本主義社会は自ずと格差が広がる

 

サラリーマンとして会社に勤める際のリスク。

ざっくり上げただけでも、こんなに沢山の懸念があります。

悲しいかな『新卒で入社で終身雇用。幸せな普通の生活』はもはや幻想になってしまったんですね(汗

 

『1社で長時間勤務』は超超超リスク!

f:id:CARBON-design:20161217230057j:plain

現代日本社会にありがちな働き方。

「1つの会社に所属して、長時間勤務をする」

実はこの働き方って、これからの時代で最も危ない働き方なんですよね。。。

 

◾︎会社(事業)が潰れるリスク

◾︎1つの専門性しか身につかないリスク

◾︎作業系の仕事が増えるリスク

◾︎健康を害するリスク

◾︎視野が狭まり八方塞がりになるリスク

 

「この世の全てのリスクを背負っているのではないか!?」というほどリスクだらけの働き方です^^;

 

変化の激しい時代は『リスク管理:分散投資』が超重要!

投資をする際の常套手段『分散投資をしてリスク管理をする』これは、『仕事時間の管理』にも役立ちます。

 

変化が激しく、中々先が見えない状況の中で『たった1つ』の会社やスキルやクライアントに頼っている状況はリスク管理の観点から見ると非常に危ないです。

 

お金にしても時間にしても『一点集中』はリスキーな生き方なので、どんなに頑張って働いていても不安がつのるのは当然です。

 

現在、投資や経営などでは当たり前に『分散投資』をしているのに『日本で働く』ことを考えた際には、不思議な事に多くの人が『一点集中』型を選択しているんですよね。。。^^;

 

『終身雇用』の名残りだと思われますが、その選択はリスクが大きいのではないでしょうか?

 

きっと「将来の自分の仕事に不安を感じている」という人は、この『分散投資』と『終身雇用』の矛盾を本能的に感じているのだと思います。

 

注1:既に終身雇用が破綻している業界は多々あります。。。><

注2:「これからは手に職をつけるべきだ!」と言うのも半分時代遅れ。

「これからは“複数”のスキルを身につけるべき」時代なのでしょう(汗

 

これからの若者は『ダブルワーク、ダブルスキル』を目指すべき!

◾︎定時で帰って、新しいスキルの習得に励む

◾︎定時で帰って、個人プロジェクトを立ち上げる

◾︎定時で帰って、夜はクラウドソーシングで働く

◾︎週末は、趣味を極めてイベント開催をする

◾︎週末は、個人サイトの運営をする

◾︎週末は、個人で商品を作ってネット販売をする

◾︎数年おきに、キャリアアップの為に転職する

◾︎数年おきに、違う職種にチャレンジする

 

などなど。

今は『個人スキルを中心』に働くにはとても便利な時代です。

 

『本業でもしっかり成果を出す!』のは当たり前ですが、これからの社会を考えると『所属会社にフルコミットする働き方』から『自分自身のスキル・経験にフルコミット働き方』にシフトする方が良いでしょう。

 

結果、その方が本業も生産性が高くなるはず。

どうやら、サービス残業をしている場合では無さそうです。。。^^:

 

これからの若者は絶対に『好きな事を仕事にすべき』!

f:id:CARBON-design:20161217230224j:plain

◾︎本業で好きな仕事に就く

◾︎本業とは別に、個人で好きな仕事をやっている

◾︎今の本業を大好きになる努力をする

どの方法でも良いのですが、これからの仕事や働き方を考えた際には、確実に『好きな仕事をすべき』でしょう。

 

「好きな事は仕事にすべきじゃない!」

「大人になっても好きな事を追いかけるのは甘えだ!」

という価値観の人も多いのですが、今後は全く逆の価値観にシフトしていくはずです。

 

「好きな事を仕事にすべきだし、好きな事を諦めるのは人生を諦めたも同然。むしろ甘えているのはお前の方だ!」

みたいになると思います^^;

 

嫌いな事をしながら高い成果を出すのは凄く難しいんですよね。。。

「楽しく働いている人」に「嫌々仕事をしている人」が勝つ為には、相当の能力差が必要なのは明らかです。

 

「仕事が出来る」と言われている人達こそ、「如何にして好きな事をしながら、仕事として成り立たせるのか?」を考え、そちらにシフトしようとしている様に感じます。長期的に見れば確実に自分の価値も上がるし、生産性もあがるのでしょう。

 

「趣味や好きな事をしつつ、どう言う行動をすれば収入にも繋がるか?」若いうちから少しずつ試行錯誤しておく事をお勧めします。

 

関連記事:

carbon-design.hatenablog.com

 

ブラックな環境で働く人が減れば、自然とブラックな環境は減っていく?

f:id:CARBON-design:20161217230407j:plain

「仕事やスキルは分散投資すべき!」

「楽しく働ける仕事に就くべき!」

とは言うものの、全員が全員そう行動に移すのは難しいんですよね。。。

 

1つのスキルを「プロ」レベルで習得しようとすると約5年ほどかかりますし、転職活動も精神的・体力的な負担も少なくありません。『個人で働く』ハードルはかなり低くなってきていますが、それでも「どうすれば良いのだろう?」と悩んでしまう人も多いはず。

 

ブラックな環境でも「言われた事をただやるだけでお給料が貰える」という状況は、新しい事を始めるよりも、意外と楽なのかもしれません。。。「なんか違うんだよな。。。将来が不安だ。。。」と考えている人も案外、今までの働き方の延長で仕事をしてしまいます^^;

 

心の病気や体調を崩してしまうまで『自分の働き方を変える』のは非常に難しいと言うのは、筆者の実体験でもありますね^^;

 

しかし、多くの人が行動に移し、働き方を変えないと日本の労働環境が変わらないのもまた事実。。。

 

まずは、出来る人からより良い労働環境に移って貰うしか方法は無いですね。少しずつブラックな企業に「NO!」と言葉と行動で示せる人が増える事を願います(汗

 

☆☆☆☆☆

将来が不安な人は『労働時間の分散投資』を意識してみましょう。

そうすれば、

◾︎雇用のリスク管理

◾︎ダブルスキル(複数の専門性)を身につけられる

◾︎好きな事が仕事に繋がる

◾︎ブラックな環境からすぐに飛び出せる

◾︎日本の労働環境が良くなる(かも?)

 ↑こんな効果が期待できます^^

 

以上。これからの社会を生き抜く生存戦略のお話でした。

でわでわ、今日はこの辺で〜◎